【不動産売却】高く売れる期間は3か月以内、すぐできる対策は?

不動産売却を検討していると、「どのくらいの期間で売れるか?」「いくらで売れるのか」といった疑問が出てきます。

不動産業者は神様でも預言者でもないので、買取を除いて、いつ売れるか、ましてやいくらで売れるかなんて絶対に分かりません。

結婚が男性と女性、両者の意志によって結ばれるのと同じで、不動産売却も売主と買主、双方の合意がないと成約になりませんからね。

 

不動産業者から「3か月もあれば、確実に売れますよ」と言われたとしたら、売出価格を相場より安く設定している可能性があります。

相場より明らかに割安であれば、不動産業者は「確実に売れる」と言えますね。

査定価格も相場よりも高めにして、3カ月以内に売れると言い切ったとしたら、その不動産業者は疑ったほうがよいです。取り急ぎ、専任媒介契約が欲しいだけとの悪質業者かもしれません。

不動産業者は、最終的にいくら安くなっても成約さえすれば、専任媒介契約により売却手数料を確保できるからです。

鴨ねぎ
僕はいつ食べられるのかな?
100円なら、いますぐ売れますよ♪
腹黒
ツボネ
私レベルだと、見合う殿方が現れなくて????
1週間以内に、素敵な紳士をご紹介します!

(・・・キモオタ・無職のオッサンなら、ご縁あるかも)

腹黒
自己評価(売出価格)は適切に!
非常口

 

この記事では、高く売れる期間は3か月以内の理由、すぐできる対策を紹介いたします。

高く売れる期間は3か月以内の理由

下記は、不動産売り出し開始からの一般的な流れです。

高く売れる期間3か月以内の理由は、3か月以内に買主が現れて成約しないと、打つ手としては、価格改定(値段を下げる)しかなくなるからです。

 

不動産売却を開始して1か月以内に内覧に来る買主は、もともとその物件に興味があった人である可能性が高いです。買主の条件に合った物件であり、売却開始にすぐ反応して、不動産業者に駆け込んだ状況が考えられます。購買意欲が高く、最強の買主であることが多いですね。

 

不動産売却は、紙広告もありますが、ネット情報が主力です。まずは、売却情報を広く適切にオープンすることが大切です。1カ月もあれば、いま買う気になっている人への情報提供は、おおむね完了しているものです。

 

一般的に、売出開始の価格設定は強気にしています。反響がなければ、様子を見て価格を下げていくという流れになってしまうのです。

価格を下げる前に、確認すべき3つのこと

内覧が少なかったり、問い合わせさえない状況が続くと、不動産業者は「価格を下げましょう!」と例外なく言ってきます。

不動産売却の開始前に算出した、当初の査定価格などすっかり忘れて、高いから売れないの1点張りです。

不動産業者の営業トークに騙された、不動産業者の言葉に耳を傾けず、相場よりも高すぎる価格にしたなど、価格を下げざるを得なくなった原因は売主自身にもあります。

【不動産売却】売出開始から成約まで、7つのチェックポイント

不動産を売りに出したのに、買い手が現れない。 不動産業者は、何の対策もせず価格を下げましょうとしか言ってこない。 価格を下げるのは、あくまでも最終手段です。 この記事では、不動産が売れなくて困っている ...

続きを見る

 

価格を下げる前に、確認すべき3つのことを紹介します。

①広告活動について

不動産売却の素人である一般人が、不動産業者に高い手数料を支払ってまで売却を依頼するのは、広告活動をしてもらうためです。

あなたの物件が売り出し中であることを、広く知ってもらわなければ、どんなに魅力があっても売れるわけがありません。

 

宣伝されていない売却物件は、出会いのない箱入り娘と同じです。

どんなに綺麗で性格もよく若い箱入り娘でも、殿方が存在を知らなければ、いつまでたっても良縁は訪れません。

 

一般的に、広告の制作費や掲載費は不動産業者の負担です。

不動産業者があなたの物件を本気で売ろうとするならば、手間・時間・お金をかけて広告活動をするのが普通です。

不動産業者は、広告費など経費を先行投資して、最後に売却手数料を回収しています。

専任媒介契約さえ結んでいれば、ほかの業者に売却手数料を取られる心配はありません。

それゆえ、専任媒介契約前は熱心だったのに、その後は手のひらを返して何もしない不動産業者が少なくありません。

世の男性が、愛情のなくなった妻に対して、釣った魚にエサをやらないのといっしょです。

 

もし、広告費の負担を売主に求めてきたとしたら、悪徳業者である可能性もあります。まともな不動産業者は、売主から広告費を徴収することはないですからね。

いずれにせよ、十分な広告活動をしていないなら、一刻も早く不動産業者を変えないと、売れ残り物件になってしまいます。

 

不動産売却の肝ともいえるべき広告活動が、適切に行われているかの確認は必須ですね。

おもなチェックポイントは、次のとおりです。

 

・大手ポータルサイトに、物件情報は掲載されているか

→スーモ(SUUMO)、HOME'S(ホームズ)、at home(アットホーム)、O-uccino(オウチーノ)、Yahoo!不動産など、少なくても2社以上

・大手不動産会社のホームページに、物件情報が掲載されているか

→三井のリハウス、nomukomu(野村不動産)、当きゅうりばぷる、住友不動産販売、小田急不動産、三菱地所ハウスネットなど、少なくても2社以上

・売却物件の近隣へ、ポスティングチラシを実施したか、少なくても2回以上

・近隣エリアの不動産業者へ、ファックス・DMで物件売却の告知をしたか 少なくても2回以上

・物件広告は、十分に魅力を伝えているか。写真やコメントに工夫を凝らして、アピール力があるものになっているか

・レインズにも写真が掲載されているか。ほかの不動産業者が、売却物件を知りやすくなっているか

②売却物件の状態について

適齢期を過ぎた女性でも、絶世の美女であれば、すっぴんでもありのままでも良縁の可能性は残されています。

しかし、婚活に敗れたアラフォーの一般女性が、身だしなみに気を遣っていなかたら、誰にも相手にされないですね。

 

中古不動産も同じです。

生活感が漂っていたり、水回りの掃除がおろそかだったりしたら、買主の購買意欲が下がることは間違いありません。

不動産価格に大きく影響する立地と築年数を変えることはできませんが、水回りをクリーニングしたり、大きな家具・荷物をトランクルームに預けたり、ペット・匂い対策をするなど、生活感をなくすような工夫は必要です。

③不動産業者とのコミュニケーション状況について

不動産業者は、あなたの物件を販売してくれる、大切なパートナーです。

人脈が多い、敏腕の仲人がいれば、箱入り娘も売れやすくなりますね。

 

不動産業者とのコミュニケーションは、1円でも高く・早く売るためにとても大切です。チェックポイントは次のとおりです。

・現在の価格で成約に至らなかった理由を、買主からきちんと聞いているか

・売り出し当初の価格で売れなかった理由、今後の改善点を検討しているか

・周辺の売却事例を再調査し、最新の市場情報を確認しているか

・競合物件を調査・確認のうえ、強み・弱みを比較・整理できているか

 

もし、不動産業者とのコミュニケーションがうまくいっていないなら、見切りをつけて不動産業者を変えることが、1円でも高く・早く売るためのコツです。

【不動産売却】1円でも高く売る、仲介会社・担当者の見極め方法

ほとんどの人にとって、不動産売却は人生で1度だけです。 初めてのことに戸惑うのは、不動産売却に限りません。 初めての海外旅行、初めてのデート、初めてのスピーチなど、最初は緊張して失敗してしまうものです ...

続きを見る

すぐできる対策は?

売出から3か月を過ぎてしまえば、後悔しても後の祭りです。

失われた時間が戻ってくることはなく、売れ残り物件として歩みだすことになります。

3カ月を過ぎたあとの道は、売れ残り街道まっしぐらか、泥沼のバーゲンセールに突入するしかありません。

 

不動産業者に改善要望を伝えたとしても、暖簾に腕押し、のらりくらりとかわされるか、言いくるめられるのが関の山です。

すぐできる対策は、不動産一括査定を活用して、不動産業者を代えることですね。

専任媒介契約をしていたとしても、双方の合意があれば、3か月以内でも解約できます。

1円でも高く売りたいのでしたら、売却から3か月以内という2度と戻らない貴重な時間を失わないことです。

すでに3カ月を過ぎてしまったとしても、いったんリセットして不動産業者を代えたほうが、結果として高く売れる確率をあげることは間違いありません。

 

もし、不動産売却一括査定を利用したのに、売れ残りの危険を感じているのでしたら、目的・活用方法を間違えています。

不動産売却一括査定のプロでも知らないメリットについては、こちらの記事をご覧ください。

【不動産売却】売れない不安&ストレス解消、今すぐできる対策は?

不動産の売却理由は、人それぞれです。 家族が増えた、郊外の家を売り駅近マンションへ住み替え、転勤、離婚(慰謝料・財産分与)、住宅ローンが払えない(任意売却)、遺産相続・介護施設への入居(実家の処分)な ...

続きを見る

まとめ

不動産売却も、結婚も、人と人とのご縁が大切です。

売れなかったらどうしよう、不動産業者選びに失敗したなど、少しでも危機を感じているなら、いますぐ不動産一括査定をおすすめいたします。

【イエウール】利用者1000万人、業界最大手No1の一括査定

・提携先企業数1900社超、全国エリアカバー率も業界No1

・販売力の優れた大手、地域のニーズを知り尽くした地元企業と多彩

・悪徳業者を徹底排除。しつこい電話、勧誘の心配はまったくなし!

【イエイ】主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで網羅

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

・サイト利用者数&問い合わせ数&提携不動産会社数・NO1

・囲い込み・悪徳業者の徹底排除。無料のお断り代行サービス!

・【祝売却】最大10万円分ギフトカードのキャンペーン!

【RE-Guide】独自の診査を通過した優良不動産会社のみを紹介

・参加会社は700社以上、安心・信頼の大手も多数参加!

・創業14年目の老舗サイト、最大10社に査定可能!

・日々のサービスチェック、囲い込み・悪徳業者を徹底排除!

-不動産・住宅ローン

© 2020 非常口