【医療保険・がん保険】リンパ節摘出術/手術の支払&加入は?

胃癌ならば胃を切除、乳癌は乳房を切除、膵臓癌は膵臓を切除・・・といったように、がんに対する手術は、がんが発生した部位を直接切除します。

一般的にがん治療は手術療法が最も効果が高いといわれています。

がんの原発巣を根こそぎ切除(根治)することで、リンパ節や血液による原発巣から離れたところへの転移を防ぐことができます。

 

血液がんと呼ばれる白血病や悪性リンパ腫は、化学療法や放射線療法が主な治療方法になります。

血液のがんと診断確定されるに際して、リンパ節摘出術が施行されることがあります。

 

手術給付金の対象要件として、医療保険の約款では治療を直接の目的とした手術であること、がん保険の約款では「がんの治療を直接の目的とした手術であること」と定められています。

今回は、血液のがん(白血病・悪性リンパ腫)でお悩みのみなさまへ、リンパ節摘出術が手術給付金の対象になるかをご紹介いたします。

 

情弱
診断確定するための検査か、治療を目的とした手術なのかってこと?
ご認識のとおりです。保険会社によって、判断の分かれるところですね。
gentle

「リンパ節摘出術(K626)」は手術給付金の支払対象?

一般的にがんの診断確定を目的とした検査と解釈し、手術給付金は対象外とする保険会社がほとんどです。

しかし、一部保険会社では少なからずがん細胞を摘出しているのだから、治療効果を否定しないもの解釈し、手術給付金も対象とするところもあります。割合としては30%くらいですね。

いずれにせよ、リンパ節摘出術の結果、がん(悪性新生物)と診断確定されることが絶対条件です。

白血病などを疑ってリンパ節摘出術を施行、結果・がんではなかった場合は、悪性新生物の手術という支払判断はありません。

 

リンパ節摘出術(K626)が支払対象の場合、公的医療保険連動型であれば、手術料が算定されており手術給付金の対象です。

手術88種タイプでしたら、手術番号82×20倍ですね。

がん保険でしたら、20倍が一般的です。

リンパ節摘出術(K626)は手術料算定があるため、手術給付金の支払対象の可能性があります。

 

一方、乳がんに対する「センチネルリンパ生検(D409-2)」、前立腺がんに対する「前立腺針生検法(D413)」は、そもそもがDコード=検査です、

そのため、医療保険・がん保険ともに手術給付金の対象外です。

まとめ

「リンパ節摘出術(K626)」が手術給付金の支払対象になるかどうかは、いわゆる約款解釈=内規であり、保険会社各社毎に異なります。

保険約款のどこにも明記されておりませんし、各社のお客さま窓口に問い合わせしたとしても、明確な回答は得られないかと思います。

最終的な手術給付金の支払可否は、保険金を請求してみるか、保険金請求に詳しい人から、生の情報を得るしか方法がないですね。

保険の加入や見直しを検討している人は、保険料・保障内容などに加えて、保険会社毎に異なる取扱い(約款解釈=内規)の情報も、調べてみてはいかがでしょうか。

ネットの情報だけでは、調べるのにも限界があります。

保険内容や見直しの相談は、保険ショップ・FPなど専門家へすることをおすすめいたします。

-保険

© 2020 非常口