【子宮頚部異形成】がん保険はNG、医療保険なら加入できる理由

子宮頚部異形成(低度・中度・高度)とは、子宮頸がんの前段階(前がん病変)です。

子宮頚部異形成は子宮頚部上皮内腫瘍(Cervical Intraepithelial Neoplasia:略してCIN)とも、呼ばれています。

今回は、子宮頚部異形成でお悩みのみなさまへ、がん保険の対象か、保険に加入できるのかをご紹介いたします。

 

ツボネ
美人薄命びじんはくめい、わたしも気をつけないと💓
美人じゃないし、若くもないから、心配ご無用!
腹黒

子宮頸がん検診について

市町村や会社の健康診断で実施される子宮頸がん検診では、最初に細胞診が行われます。

細胞診の評価は、日本母性保護産婦人科医会の分類(日母分類)に従い、5段階(クラスI、II、IIIa/IIIb、IV、V)で評価されます。

クラスⅣ以上は子宮頸がんの可能性が高いですが、あくまで疑いであるため、がん保険が支払い対象かどうかは判断できません。

注意点として、疑いの診断を受けた時点で、追加でがん保険や医療保険に加入することは難しくなります。

細胞診について

細胞診の評価は、次の通りに分類されます。

クラスⅠ  (陰性)正常(異形成I、軽度異形成)

クラスⅡ  (陰性)炎症などの影響を受けて変化した細胞があるが、正常(異形成II、軽度異形成)

クラスIIIa (擬陽性)軽度から中等度の異形成を疑う(異形成IIIa、軽度~中度異形成)

クラスIIIb (擬陽性)高度の異形成を疑う(異形成IIIb、中度~高度異形成)

クラスⅣ  (陽性)早期がん、0期のがん細胞を疑う(異形成IV、高度異形成)

クラスⅤ  (陽性)1a期以上のがん細胞を疑う(異形成V、高度異形成)

 

細胞診でクラスIIIa以上の場合、次にコルポスコピー診でより詳細な検査をします。

この段階でも、がん保険対象かどうかはまだわかりません。

がん保険の対象となるには、「病理組織学的検査(CIN分類)」の結果によって、がんと診断確定されることが条件だからです。

病理組織学的検査(CIN分類)について

コルポスコピー診で病変を確認した後、その部位から細胞を採取します。

一般には、コルポスコープ観察下に異常所見のある部位から組織を採取します。

組織標本はCIN分類によって、3段階(CIN1、CIN2、CIN3)で評価されます。

 

CINとは、上皮内に限局する子宮頸部上皮内腫瘍のことです。

病理組織学的検査(CIN分類)の結果、次の3つに分類されます。

CIN1(異型度1) 軽度異形成

CIN2(異型度2) 中等度~高度異形成

CIN3(異型度3) 高度異形成・上皮内癌

病理組織学的検査の結果”CIN3”と診断確定された場合、一般的にがん保険の対象です。

 

保険会社によっては、子宮頚部高度異形成と診断された時点で、がん保険該当と判断する保険会社もあります。

なお、子宮頚部高度異形成(CIN3)は、浸潤がんではなく、上皮内がん扱いとなります。

がん保険はNG

子宮頸がん検診で異常指摘を受けてしまった時点で、がん保険に加入することは難しいです。

がん保険の追加契約、加入の目安としては、手術(円錐切除・子宮全摘など)をして、病院に行かなくなってから2~3年経過後にです。

なお、ウソをついて保険に加入しても、保険金はもらえず損をするだけです。

【告知義務違反】なぜばれる?調査方法を徹底解説

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康は、お金で買えません。 万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために生命保険・医療保険・がん保険などは存在しま ...

続きを見る

医療保険なら加入できる理由

ニッセイ・第一・明治安田・住友などの大手日本社、アフラック・メットライフなどの外資系、かんぽ生命・JA共済・都道府県民共済などは、昔ながらの契約条件です(2020年8月現在)。

令和の時代になって、医療保険は価格競争の限界を迎えています。これ以上保険料を下げることは難しいため、東京海上日動あんしん生命、SOMPOひまわり生命・三井住友海上あいおい生命などが加入条件を緩和して、経過観察中や治療中でも医療保険に加入できるようになりました。

保険会社にとって加入条件の緩和は利益の減少になりますが、契約者にとっては保険金をもらえる可能性が増えるので喜ばしいことですね。

 

爺ガイ
病気になってから契約したら、保険会社が潰れるじゃろ。年寄りを騙すのもいい加減にせい!
おっしゃるとおり、手術予定の人は難しいですね。ただし、しばらく様子をみましょうと言われている経過観察なら大丈夫です。
gentle
おこ婆
若いころ保険セールスレディしてたけど、そんな話は聞いたことないよ!
保険で損をしたくないのでしたら、最新情報に詳しい専門家への相談することですね♪
非常口

まとめ

20代~30代の若年層でも、子宮頸がんを患う人は増えてきています。

備えあれば、憂いなし。

子宮頸がん検診を受ける前に、保険の見直し・加入相談をしておくことをおすすめいたします。

-保険

© 2020 非常口